FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

ランキング






ロシアン・ビューティ ほぼにちエログ がんもどき 盗撮パンチラshot セクシーヌードを探せ





ときめき速報 おっき速報 白人熟女動画 脱いでる映画館 5回は抜けるエロ画像





裸裸裸と縛縛 エロガゾー
ファクトリー
エロログZ エロ画像ギャラリー エロ画像G





エロ画像の助 女体エロエロ画像集 日刊エログ 女神ちゃんねる 巨乳おっぱい大学





海外アダルトサイト事情 OLちゃんねる ミニスカート・パンチラ画像掲示板 エロ画像★マニアⅡ 白人美女着衣マニア画像掲示板





放送事故ナビ 盗撮せんせい エロ画像
いっぱい見ちゃう?
エロっち@AVアイドル グラ専速報






おっぱい画像掲示板 綺麗なお姉さん画像掲示板 グラビア画像掲示板 素人画像掲示板 コスプレ画像掲示板





エロ画像掲示板 フェチ画像掲示板 盗撮画像掲示板 露出画像掲示板 人妻画像掲示板

「純子」第三章「彼女が飛行機でやって来た」

 【23//2021】

「純子」第二章「遠距離恋愛」の続編を書きましたので、ご覧ください。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[彼女が飛行機でやって来た]



夏の暑い日に高速道を車で走っている。今日は純子を空港まで迎えに行く日だったのに、前日ビールを飲みすぎて、起きたらすでに10時だった。慌てて飛び起き、コンビニでおにぎりとコーヒーを朝食にし、すぐに高速に入った。
学生時代に親から買ってもらった中古車で、エアコンも、パワーステアリングも、パワーウインドウもないボロ車である。左右の窓を少しだけ開けて、高速をひた走っている。
入社してから、ゴールデンウィークに彼女に会いに行き、帰りはフェリーボートで車を持ってきた。6月も7月も純子に会いに行った。土曜日に飛行機、バス、地下鉄で彼女のアパートまで行った。会ってすぐに身体を合わせる。夕食後、ビールを飲んで再び身体を合わせる。翌朝、彼女が寝たままでことに及ぶのである。
帰りの空港までのバスには彼女が同行した。バスの中でふたり手をつなぎ、汗ばんでもお互いに手は離さなかった。そして彼女に見送られ飛行機に乗った。



8月、病院勤めの純子は夏休みが取れることになり、私の勤務地へ来たいというので、準備を始めた。地元の観光ガイドを買い、同期社員にナビゲーターになってもらい、一通り観光地を巡り、食事するドライブインやレストランに目星をつけておいた。そこまで準備したのに、当日寝坊してしまい、高速を疾走することになったのである。
窓を開けての高速走行なので、風の音が耳に響く。カーラジオをつけると今流行の中森明菜「少女A」が流れてきたので、めいっぱいボリュームを上げた。ノリノリの曲にスピードアップし、あっという間に空港に着いた。



空港に到着すると、サマードレスにサングラス、旅行かばんを持った大柄な女が走ってきて、車のドアを開けて一言、「来ちゃった」。純子が助手席に乗りすぐに出発。昼食は空港の近くのレストランに入った。そこは平屋の建物で、いくつかの区画にしきられたエリアにテーブルが1つずつあり、あちこちに絵画が飾られているしゃれた洋食レストランだった。高級料理を注文するわけでもなく、二人ともカツカレーを食べた。
その後は観光なので国道をゆっくり移動するのである。山道に入り、工事中の橋があり、片側通行なっていて、信号で止まった。周りに他の車がなかったので、彼女の頭を引き寄せ、長めのキスをした。彼女は突然キスをやめ、「信号変わったよ」と叫んだ。宿泊はモーテル。純子と一緒じゃないとそんな体験は出来ないし、初任給をもらう私と飛行機代自腹の彼女では経費節減が必要なのだ。
川岸に一軒ポツンとあるモーテルのガレージに車を入れる。シャッターが降りて、2階の部屋に入り、電話が鳴るので、「一泊」と答える。夕食は出前をとり、ビールも注文する。
酔った状態で二人でベッドへ行き、いつものように身体を合わせる。そのモーテルのベッドの横には大きな鏡があった。そこで私は彼女を抱いている時の自分の腰の動きを見た。ポルノ映画と同じ動きをしているのを初めて見たのである。
しかしながらこの時、予想外のことが起きる。彼女が生理になったのだ。久々に会えたのに、今夜1回しかできなかったのだ。



翌朝、観光ルートをひた走る。山道に入り、有料道路を通ってイロハ坂を登る。山頂の観光エリアに到着。売店でおにぎりとコーヒーで朝食。二人でプラネタリウムを見た。次にイロハ坂を下り、田舎の茶屋風のドライブインに入り、二人とも釜揚げうどんを食べた。そして湖に向けて出発。
湖畔に到着し、遊覧船に乗る。風に晒されるのもかまわず、船の展望デッキに座る。他の観光客が話しているのを聞いて、彼女は言う、「言葉が違うね」。別の土地に来たことを実感したようだ。



続いて城に到着し、城の中へ入る。武家屋敷や復元された藩校を見て回った。暗くなってきたので、国道のトンネル付近の高くなっている所に位置するモーテルに入った。食事はビール付きの出前である。彼女は生理になったしまったので、しかたがなく、パジャマを捲くって、オッパイをもんで、乳首を吸っただけにした。
ビールの飲みながら、テレビを見ていたら、今日街でお祭りがあったのがわかった。彼女に「調査不測、お祭り見たかったのに」と言われた。私は今日お祭りとは本当に知らなかった。しかし知っていたとしてお祭り見せには行かなかっただろう。純子の存在を会社の同僚に知られれば、「何時結婚するんだ」とからかわれるだろうから。
二人一緒の車に乗っているところは一人の同期社員に見られた。信号待ちで停車している時、横の歩道を歩いていたのだ。お互いに手を挙げて合図した。彼もまた彼女を連れていた。、彼女が彼に会いに来て、数日旅館に宿泊していたそうだ。大卒同期入社24名、この夏休みに何名彼女や彼氏を一緒に過ごしたのだろうと想像してみた。



翌日は純子が飛行機で帰る日である。コンビニで朝食、昼食は以前行った絵画のある洋食レストランにもう一度行った。彼女はほとんど話をせず、不機嫌そうだった。空港に着き、駐車場に車を停め、空港へ入る。彼女はさっさと搭乗手続きを行い、中へ入っていった。ガラス越しに彼女と対面したら、もう泣き出す寸前の顔をしていた。
不満があったのではなく、別れが辛かったのだった。夏休みが終わればそれぞれの勤務地に戻らなければならないのである。彼女に手を振って、振り返らずに駐車場の車に乗り、勤務地へ向かった。
後日、会社の電話ボックスから純子のアパートのピンク電話にかけてみた。彼女は地図で自分が立ち寄った観光スポットを辿ってみたそうで、これほど広いエリアを見て回ったことに驚いたという。また、旅行で生活費が足りなくなったというので、現金書留で1万円送った。
遠距離恋愛であるが、まだ何とか繋がっている二人だった。








Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

「純子」第二章「遠距離恋愛」

 【20//2021】

前回の「純子との別れ」を「純子」第一章「純子との別れ」とし、「純子」第二章「遠距離恋愛」を書きましたので、ご覧ください。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[遠距離恋愛]

就職先に行くのに、飛行機に乗り込んだ。飛行機なんてあまり乗ったことがないので、離陸する時、窓の外をずっと見ていた。航空券もこれから宿泊するビジネスホテルのパンフレットも入社する支店の社員が大学まで持って来てくれて、私はただその通りに本社に向かうだけである。飛行機と電車と乗り継いで、現地に到着。ビジネスホテルにチェックインして街へ夕食を摂りに行った。
焼き鳥屋に入り、ビール飲みながら、焼き鳥とおにぎりを食べた。一人でする寂しい夕食であった。ホテルに戻りもう寝ようかと思った時、電話が鳴った。
何かなと思って電話を取った。「私だ」と純子の声。「よく電話番号わかったな」と私。「妹が調べてくれた。私を捨てて行ったんだから」と純子。「時々電話するから」と私。その夜はすぐに一人寝のベッドで眠った。
次の日はマクドナルドで朝食を摂り、本社へ向かう。入社式が行われ、電車で研修施設へ向かった。4月いっぱいは社内研修で講義ばかりである。
学生時代とは生活が一変した。純子の手料理を食べて、二人でビールを飲んで、抱き合って寝ていた。今は食事は研修施設の食堂で食べ、近所の酒屋に歩いてビールを買いに行き、一人でビール3本飲んで一人寝である。研修施設は鉄格子で囲われていたので、鍵のかかっていない刑務所のように思えた。



数日後、その日の研修が終わってから、会社の電話ボックスから純子に電話した。電話ボックスの外側の下から同期社員が覗き込んでいた。電話に出だ純子は、「生理が来ない。相談しなくても結果はわかっている。」と涙声で言った。その瞬間、電話ボックスを覗いてる同期社員の顔をガラス越しに蹴った。彼は食堂の方へ去って行った。
「もうしばらく様子を見ろ」と私。最悪のケースになりそうだと思った。さらに数日後、おそるおそる純子に電話した。「生理ありました。」と彼女。「偉い」と私。これで最悪のケースは回避され、ほっとした。「ゴールデンウイークには帰るから」と彼女に伝えて、電話を切った。



帰るには飛行機を予約しなければならないが、初めての経験である。旅行会社にあわてて電話したので、しろどもどろになってしまい、旅行会社の男にゲラゲラ笑われ、「そんなにあわてなくても、予約できますから」と言われた。出発前日に会社が終わってから航空券を取りに行った。当日電車とバスで空港へ行き、飛行機に乗った。
着陸して飛行機のタラップを降りた時、たった1ヶ月くらいなのだが、やっと帰ってきたという気持ちであった。バスと地下鉄で彼女のアパートまでたどり着いた。純子の部屋は鍵がかかっていて、まだ病院から帰宅していなかった。アパートから少し離れたところでタバコを吸いながら彼女を待った。



タイトスカートとジャケットを着た純子が自転車に乗って帰ってきた。私を見つけて手を振ったと思ったら、すぐにアパートの中へ入っていった。追いかけるように私もアパートに入った。彼女を捕まえて、ハグした。たくさんたくさんキスをした。元バレーボールの選手で身長は高めでキスするにはちょうどよい背丈だ。
「トイレに行く」と言って私は部屋を出た。戻ってきたら、彼女の姿がなかった。隣の部屋のしきりのカーテンを開けた見たら、パンツ一枚の彼女がいて、あわててパンツを脱いで、ベッドにもぐりこんだ。



私も服を脱いでベッドへ。久しぶりの柔らかい肌の感触。ポッチャリタイプの彼女は全身どこでもムチムチである。彼女の胸を揉み、乳首を交互に吸い、すぐに挿入。彼女はすぐいったようで、「先にいっちゃった」と言った。生理がこないのはこりごりなので、腹の上でフィニッシュした。



彼女は料理がうまいほうで、会社の食堂では食べれないような夕食を食べた。テレビを見ながら二人でビールを飲んでいた。当然、彼女は私のスラックスのベルトに手をかけ、スラックスを脱がし、パンツを下げて、フェラを始めた。「酔っ払っちゃった。」と彼女。二人でベッドに入り、今日の2回戦目を始めた。彼女はまた先にいってしまった。
翌日、目が覚めて彼女はまだ寝ていた。またしばらくは会えないので、就職先に出発した日と同しように、彼女のパンツを下げ、片脚にパンツを残したまま、挿入して腹の上でフィニッシュした。起きた彼女もあの日と同じように片脚のパンツを見て、「何だこれ」と言った。
その日は実家に帰った。会社に戻る時は車を持っていくので、カーフェリーを利用した。船室の寝袋に入ってうずくまり、先日の純子との会話を思い出していた。「向こうの土地で暮らさないか。看護師ならすぐに職は見つかるだろう。」と私。「親兄弟がこっちにいるから、遠くへは行かない。」と彼女。遠距離恋愛っていつまで続くのだろう。やはり自然消滅してしまう運命なのだろうかと思いながら眠りについた。












Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

純子との別れ

 【16//2021】

官能小説への挑戦の第10弾を書いてみました。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[純子との別れ]



大学の卒業式も終わり、就職することになった。2年付き合った彼女の純子とは遠距離恋愛になってします。純子とはしょっちゅう行く居酒屋で知り合い、彼女からドライブに連れて行くように頼まれ、ドライブに行ったその日に彼女のアパートに泊まり、私は彼女が初体験であった。私が彼女の元彼に似ているから誘ったのだそうだ。
純子は年上の看護師で元バレーボールの選手である。身長165cm、ポッチャリ型、脚はかなり太い。デカ尻でムチムチ、触り応えは最高。胸はAカップだったが、私と関係と持つようになってからBカップになった。血液型はO型で細かいことは気にしない。バレーボール選手のときはムードメイカーで緊張することがなく、はりきって声を出していたそうだ。誰とでも気軽に会話する明るい性格で、根暗の私とは全く正反対である。



顔はというと有名人に例えると「マライア・キャリー」。彼女ほどの美人ではないが、笑顔がかなり似ているのである。美人ではないが、性格が明るいせいか男にはかなりもてて、患者さんから結構誘われるようで、「私いますから」と答えていたという。病院の取引業者の飲み友達もいたようだ。
そんな純子が元彼に似た私をベッドに引き込み二人でしたことは、舌をからませたディープキス、フェラチオ、一段締め、中出し、抜かずの2発、潮吹きであり、段々と彼女の身体にのめり込んでいったのである。2年間ほとんど彼女のアパートに入り浸りだったので、週3回は関係を持っていた。月に少なくとも12回、1年間で144回、2年で288回にもなる。大学関係者との付き合いにも参加していた。酒盛りが終わってから彼女のアパートに向かったのである。



純子の身体に溺れていた2年間であったが、無事に卒業でき、国家試験も合格し、就職も決まったのである。いったい何時勉強していたのでしょう。卒論は配属講座のセミナー室で書き、国家試験の勉強は空調が十分利いた医学部の図書館へ行って多数の本を重ねている司法試験を受ける学生達に混じって勉強したのである。すなわちやるべき勉強はすべて大学でかたずけてから、大学関係者と酒を飲み、それから彼女のアパートへ行っていたのである。これぞ良く学び、良く遊んだ2年間であった。就職先が遠隔地になったのにはお互いに已む無しであった。
自分のアパートの荷物を車に乗せて実家へ帰った。実家では親戚達が集まり送別会を行ってくれた。そこで急に姉が空港まで見送りに行くと言い出した。見送りは純子ひとりと思っていたので、計算が狂ってきた。前日は友人のアパートに一泊して空港へ行くということにした。
次の日、彼女のアパートへ行き、彼女の手料理を食べ、ビールを飲んで、いつものフェラチオから始まる二人の行為を行ったのである。終わってから彼女を腕枕していて、彼女は「明日もこれがいい。私を捨てていくんだ。」と言った。私は無言だったが、まぶたに涙が溜まるのを感じたが、涙を流すことはなかった。
翌朝、目が覚めたが、純子はパンツ1枚のままで寝ていた。しばらく会えないと思うともう1回したくなった。彼女のパンツをおろし、片方の脚にパンツを引っ掛けたまま、ことに及んだのである。終わってから彼女は目を覚まし、片脚にあるパンツを見て、ただ一言、「何だこれ」と言った。朝食はトーストにバターをつけて食べた。純子が選んだリクルートスーツを着て、準備完了。純子の見送りはアパートの出入り口まで。何故か彼女は私のワイシャツを着ていた。「行ってくる」と言ったが、彼女は無言だった。



バスに乗ってひとりで空港へ向かった。空港へは姉夫婦とその子供2人はすでに来ており、後輩2人も来ていたのだが、これは予想外であった。彼らはまさか私が昨晩、女のアパートに泊まって、楽しみ、今朝ももう1回楽しんでから空港へ来たなどとは想像もつかないであろう。私は外見がまじめに見えるので、かなり得してきたし、今後も得するのだが、私も結構な詐欺師だと思った。
純子と関係した2年間で何を学んだかというと、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」であった。押せばどこかに開く扉があるということを純子から学んだように思う。純子をアパートに残してきたのだが、彼女が空港のどこかで見送っているような気がした。








Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

彼女の家族

 【13//2021】

官能小説への挑戦の第9弾を書いてみました。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[彼女の家族]

看護師の彼女からの電話、「お父さんが倒れて、入院したから、駅まで送ってほしい」。早速車で迎えに行き、駅まで送る。「落ち着いたら、電話する」と彼女。
数日後、彼女から電話、「退院したから、今度の連休に駅まで来て」。
連休当日、車で出発。彼女の実家は国道をずっと行き、峠を越えた先にある。エアコンを使わず、車の左右の窓を全開し、国道をひた走る。カーブの多い山道をどんどん登り、峠に到達。ドライブインでラーメンとおにぎりを食べた。自動販売機の冷たい缶コーヒーを飲んでしばらく休憩。
曲がりくねったイロハ坂を下りる。長い直線道路でカーブ、これをしばらく繰り返す。カーラジオから今流行のCMソングが流れてきたので、ボリュームを上げる。連休なのに道路は空いていて、空は晴天、道路の左右は防風林、透き通るような女の歌声で気分爽快。ところが歌詞を聴いていると女が浮気する歌なので、ちょっと不安になった。
景色が防風林から住宅街となり、ビル街となった。日が落ちる前に駅に到着。駅の歩道に立っている彼女を見つけた。黄色のデニムミニスカートが良く似合っていた。だいたいの到着時間しか言っていなかったのに、ほとんどびったりだったという。やはり縁のある彼女なのだろう。



予約していた旅館のガレージに車を入れ、チャックインした後、二人で駅の近くの居酒屋へ行った。夕食を食べ、ビールを飲んだ。旅館に戻り、久しぶりに二人で身体を合わせる。二人ともビールを結構飲んで、酔っているので、シャワーは浴びず、ベッドイン。彼女の喘ぎ声は大きめで腰も使う。あっという間にフィニッシュした。「隣に聞こえたかな」と彼女。無言の私。
翌朝、おもしろい喫茶店があるというので、行ってみることにした。そこはBGMの振動がソファーに伝わるという店だった。ソファーに手を触れるとBGMのリズムに合わせて振動が伝わってくるのだ。二人でモーニングセットを食べた。
その後。彼女の妹夫婦のアパートへ向かった。そのアパートには両親、兄夫婦、妹夫婦がそれぞれ別々の部屋に分かれて暮らしていた。
彼女の妹の旦那はトラックドライバーで市内のスナックのホステスと浮気をしていて、ちょくちょく泊まりに行っていたそうだ。妹は妊娠していた。「旦那が浮気しているのに、よくやらせたね」と彼女。「させないと彼女の所へ行ってしまうもの」と妹。しかしながら妹の妊娠を知った旦那は大変喜びで、自宅に帰ってきたそうだ。ところが今度は浮気相手の女が包丁を持って、「殺してやる」と叫んで、アパートに乗り込んで来たそうだが、警察官が取り押さえられて事なきを得たそうだ。



続いて彼女の兄の話。父親が入院して、子供達が見舞いに行っていたのだが、彼女の兄と病院の看護師が意気投合し、兄は看護師のアパートに浮気しに行くようになったという。看護師の彼女はスーパーで出来上がったおかずを買ってきて、ご飯だけ炊いて二人で食事するのだという。兄は妻も二人の子供のいるのだ。こんなことってほんとにあるのかなと思うような、まるでテレビドラムのネタを提供しているような兄弟であった。



その兄夫婦のアパートへ行き、夕飯とビールをご馳走になった。そして妹夫婦のところに泊めてもらうことになり、戻った。布団は1つしか敷いてなかった。二人で布団に入る。彼女は私に覆いかぶさるように抱きついてきた。「ほしい」と私。「明日ね」と彼女。その夜はそのまま就寝。
次の朝、彼女の両親のアパートへ行った。両親のところにある大きなクマのぬいぐるみをもらいに行ったのだ。ぬいぐるみを車に積み、彼女を乗せて出発しようとした時、兄がわざわざやってきて、「気をつけて」と兄、私は「はい」とだけ答えて出発した。
もう一人彼女には弟がいるが、彼女が戻ってから数日後にアパートにやってきた時に会ったので、彼女の家族全員に会ったのである。
来た道をひたすら戻る。昼はドライブインで済ませ、朝早く出発したので、昼過ぎには彼女アパートに到着した。まだ明るいが二人でベッドインして汗だくになりながら身体を合わせ、彼女の喘ぎ声高めで今日の一回戦目終了。「周りに声聞こえたかな」と彼女は失敗したような顔をした。私は無言。



夕飯は彼女の手料理。二人でビールをしこたま飲む。それから今日の二回戦目を始めた。ビールの酔いと運転疲れもあったが、堅さは保っていたので、身体を合わすことはできた。しかしながら、疲れのせいかなかなあフィニッシュできないのである。結局不発のまま、身体を離した。感じないと不満を言って寝る彼女だが、今回は疲れたいたのか、不満を言うこともなく、寝てしまった。
翌朝、彼女は「昨夜は次々にやってきて結局6回行った」と言った。私は不発だったが、彼女は十分満喫して就寝したのだった。
こんなに身体の相性ぴったりの二人だが、お互いに結婚する気はなかった。私はこのままずっと彼女と関わっていたら、自分がダメになってしまうような気がしていたし、彼女は私が結婚するまでいっしょにいると言っていた。この半年後に私は卒業して遠隔地に就職する。1年間彼女と遠距離恋愛したが、突然彼女は失踪するのである。その3年後に妻となる女と出会い、1年後に結婚する。結婚するには身体の相性とは異なる別の要因があるようである。








Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

海岸ドライブで浴衣姿の彼女は最高

 【08//2021】

官能小説への挑戦の第8弾を書いてみました。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[海岸ドライブで浴衣姿の彼女は最高]



夏休み入ったが、卒論を仕上げなければならないので、実家に帰らず、夏休みはなし。理科系学生の卒業年度はこんなもんだろう。
しかしながら看護師の彼女のアパートへは入り浸り。彼女と海岸ドライブして、一泊することにした。彼女は夏らしくタンクトップ姿で車に乗り出発した。
海には足だけつかるようにして、海岸で彼女と簡易ガスコンロで焼肉を食べた。水族館を拝観し、夕方になってからモーテルへ。
モーテルは木造で車庫に車をいれたがシャッターはなく、車庫に従業員と思われる男が入って来た。私はどうしたらよいかわからず、固まってしまうと、彼女がさっと車を降りて交渉成立となった。
彼女はざっくばらんな性格で、私とモーテルで宿泊し、翌日ドライブインで朝食をとっていて、店の人に「昨日はどこにとまったんですか」と聞かれて、彼女は「モーテル」と平気で答えるのである。
男女二人で宿泊するのであるから、ホテルだろうと旅館であろうとモーテルであろうとやることは同じである。
部屋に入って早速彼女はシャワー室へ入り、浴衣を着て出てきた。次は私がシャワー室へ。出てくるとビールが準備してあった。
今日は暑かったので、ふたりでどんどん飲みビール瓶10本はあけた。気分良く酔ったので、二人でベッドへ上がった。
彼女の浴衣の襟を両手で開き、おっぱいを露出させ、さらに両肩を出す。これってかなりたまらなく、殿様が腰元を手ごめにする気分だ。フェラチオは必要なし。首や肩にもキスし、おっぱいを鷲づかみして乳首を吸う。
浴衣着せたままパンツを脱がして、そのまま挿入。彼女のアパートではないせいか、彼女の喘ぎ声はかなり高めで、腰も使う。あっけなく中出しフィニッシュとなったが、今日は楽しい1日だった。







[時代劇エロ画像]
















Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る