FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

思い出のスヌーピーパンティー

 【07//2021】

官能小説への挑戦の第7弾を書いてみました。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。(画像は海外サイトのリンクもありますので、ご注意ください。

[思い出のスヌーピーパンティー]



紅葉の季節となり、カラオケスナックの彼女から今度の連休どっか連れてってと言われた。学生であるが中古車を持っていたので、彼女とドライブすることにした。
紅葉を見て、鍾乳洞を見て、渓流を見て、夕食はドライブインで摂った。一泊することになり、モーテルへ行くことになった。
モーテルなんて私は初めてである。車を車庫へ入れるとシャッターがかってに降りた。階段を上って部屋に入る。電話が鳴って、「泊まりか休憩か」と聞かれたので、「泊まり」と答えた。シンプルな手続きだった。



彼女がモーテルへ入ったのは1回だけあってその話を聞いた。店のお客さんとドライブして車庫に入って、階段で上へ行くのだが、レストランでもあるのだと思ったそうだ。ドアを開けるとダブルベッドがあったので、ことの次第を悟ったそうだ。隣に座らないようにしてお客さんに先にシャワーを浴びるように言い、そのすきに車庫へ降りて、車のボンネットの上に腰掛けてタバコを吸っていたそうだ。
ここにも彼女を抱きたくてしょうがない男がいた。そんな男達が多数いるのに、自分とだけしてくれるのは大変気分がよいが、時々お客さんとデートしているのにはやはり激しいジェラシーを感じる。



彼女が先にシャワー室に行き、私はベッドに横になって、テレビを見る。彼女がガウンを着て出てきた。今度は私がシャワー室へ。出てくるとビールが用意してあったので、ガラスのテーブルで乾杯。
ほどよく酔いもまわってきたので、ふたりでベッドへ上がる。彼女がガウンを脱いだとき現れたのはスヌーピーのパンティーだった。私は大喜び、大はしゃぎだった。こんなパンティーがあるんだと顔を近づけてまじまじと見た。
彼女は私を押し倒し、パンツを脱がして、四つん這いでフェラチオを始めた。真正面からなので、くわえているのが丸見えである。その間、私は彼女のおっぱいを鷲づかみにして、モミモミしている。
フェラチオに飽き彼女はベットに仰向けになる。パンティーに手をかけると彼女は腰を上げるので、脱がしてスヌーピーは枕の下へさようなら。コンドームなしで挿入。大好きホールドでポンピング。今日は観光地巡りで疲れたのか、彼女の喘ぎ声は控えめだ。そのまま中出しフィニッシュ。
その後はティッシュで押さえて引き抜く。股間にティッシュを挟んだ彼女を抱き寄せてハグする。彼女は終わった後にこうされるのが好きだという。









彼女は私を喜ばせようとしてしばらくキャラパンを履いていたが、実家に帰った時、妹に「なんちゅうパンツ履いているの」と言われてそれ以後やめてしまった。
とりわけ私がスヌーピーが好きということではない。アンバランスな意外性に仰天したのである。








Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る