FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

純子との別れ

 【16//2021】

官能小説への挑戦の第10弾を書いてみました。
なお、添付した画像は他サイト様から拝借したもので、画像にリンクすることでご了承ください。

[純子との別れ]



大学の卒業式も終わり、就職することになった。2年付き合った彼女の純子とは遠距離恋愛になってします。純子とはしょっちゅう行く居酒屋で知り合い、彼女からドライブに連れて行くように頼まれ、ドライブに行ったその日に彼女のアパートに泊まり、私は彼女が初体験であった。私が彼女の元彼に似ているから誘ったのだそうだ。
純子は年上の看護師で元バレーボールの選手である。身長165cm、ポッチャリ型、脚はかなり太い。デカ尻でムチムチ、触り応えは最高。胸はAカップだったが、私と関係と持つようになってからBカップになった。血液型はO型で細かいことは気にしない。バレーボール選手のときはムードメイカーで緊張することがなく、はりきって声を出していたそうだ。誰とでも気軽に会話する明るい性格で、根暗の私とは全く正反対である。



顔はというと有名人に例えると「マライア・キャリー」。彼女ほどの美人ではないが、笑顔がかなり似ているのである。美人ではないが、性格が明るいせいか男にはかなりもてて、患者さんから結構誘われるようで、「私いますから」と答えていたという。病院の取引業者の飲み友達もいたようだ。
そんな純子が元彼に似た私をベッドに引き込み二人でしたことは、舌をからませたディープキス、フェラチオ、一段締め、中出し、抜かずの2発、潮吹きであり、段々と彼女の身体にのめり込んでいったのである。2年間ほとんど彼女のアパートに入り浸りだったので、週3回は関係を持っていた。月に少なくとも12回、1年間で144回、2年で288回にもなる。大学関係者との付き合いにも参加していた。酒盛りが終わってから彼女のアパートに向かったのである。



純子の身体に溺れていた2年間であったが、無事に卒業でき、国家試験も合格し、就職も決まったのである。いったい何時勉強していたのでしょう。卒論は配属講座のセミナー室で書き、国家試験の勉強は空調が十分利いた医学部の図書館へ行って多数の本を重ねている司法試験を受ける学生達に混じって勉強したのである。すなわちやるべき勉強はすべて大学でかたずけてから、大学関係者と酒を飲み、それから彼女のアパートへ行っていたのである。これぞ良く学び、良く遊んだ2年間であった。就職先が遠隔地になったのにはお互いに已む無しであった。
自分のアパートの荷物を車に乗せて実家へ帰った。実家では親戚達が集まり送別会を行ってくれた。そこで急に姉が空港まで見送りに行くと言い出した。見送りは純子ひとりと思っていたので、計算が狂ってきた。前日は友人のアパートに一泊して空港へ行くということにした。
次の日、彼女のアパートへ行き、彼女の手料理を食べ、ビールを飲んで、いつものフェラチオから始まる二人の行為を行ったのである。終わってから彼女を腕枕していて、彼女は「明日もこれがいい。私を捨てていくんだ。」と言った。私は無言だったが、まぶたに涙が溜まるのを感じたが、涙を流すことはなかった。
翌朝、目が覚めたが、純子はパンツ1枚のままで寝ていた。しばらく会えないと思うともう1回したくなった。彼女のパンツをおろし、片方の脚にパンツを引っ掛けたまま、ことに及んだのである。終わってから彼女は目を覚まし、片脚にあるパンツを見て、ただ一言、「何だこれ」と言った。朝食はトーストにバターをつけて食べた。純子が選んだリクルートスーツを着て、準備完了。純子の見送りはアパートの出入り口まで。何故か彼女は私のワイシャツを着ていた。「行ってくる」と言ったが、彼女は無言だった。



バスに乗ってひとりで空港へ向かった。空港へは姉夫婦とその子供2人はすでに来ており、後輩2人も来ていたのだが、これは予想外であった。彼らはまさか私が昨晩、女のアパートに泊まって、楽しみ、今朝ももう1回楽しんでから空港へ来たなどとは想像もつかないであろう。私は外見がまじめに見えるので、かなり得してきたし、今後も得するのだが、私も結構な詐欺師だと思った。
純子と関係した2年間で何を学んだかというと、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」であった。押せばどこかに開く扉があるということを純子から学んだように思う。純子をアパートに残してきたのだが、彼女が空港のどこかで見送っているような気がした。








Category: 官能小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る